●地元への説明会

 2013年8月29日、もと大阪市立精華小学校・幼稚園敷地購入者から地元への説明会が開催されました。
  当日の配布物はこちら

 事業の具体的な説明はなく、校舎解体の工程説明が主であった様です。

当日配布された事業全体の工程(案)は、プロポーザル提案応募時からは大きく遅れています。

この点について、2013年6月27日、大阪市会 教育こども委員会で、大阪市教育委員会事務局が工程監理をすることになりましたので、とりあえず早急に校舎解体はなされるものの、上記の工程表も「(案)」であるので、更地になったまま事業が何も行われない可能性もあります。

また、完成予想図プロポーザル提案応募時とは変わっています。

”絵に描いた餅”を競わせるプロポーザルでしたから、当然の結果ではあります。
何のためのプロポーザルであったのかは、やはり疑問です。

 プロポーザル提案の全応募案公開を求める情報公開請求をいたしましたが、非公開決定通知書を受領いたしました。
それを受けて2013年6月21日、不服申立いたしましたが、2013年9月8日現在、何の音沙汰もございません。
不服申立は、回答期限がなく忘れた頃に回答がある様です。その頃には市長も代わっているかも知れません。 


カテゴリー: プロポーザル, 大阪市, 情報公開請求, 活性化協議会 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.